長距離移動の楽しみ方

食も楽しめる高速バスの旅

高速バスを利用して長距離移動する場合、あらかじめ用意しておきたいものがあります。最も大切なものが酔い止め薬です。 普段乗り物酔いをしないと言う方でも、体調によってどのような事があるか分かりませんので、必ず持参するようにしましょう。これは、高速バスの移動に限らず、新幹線や飛行機などあらゆる乗り物に乗る際考えたい事です。 また、高速バスの楽しみと言えば各地のパーキングエリアに停まる事が挙げられます。 近年のパーキングエアリは、エリアごとに多様な飲食品を販売しています。パーキングエリアを利用して「食」を楽しみたい場合、昼行の高速バスに乗るようにしましょう。夜行の場合、ある程度の時間になれば電気を消してしまいますので、お弁当を楽しめる時間が限られています。

旅を快適にするために必要な他の乗客への配慮

旅の目的は、目的地に到着した後に達せられるものです。目的地に到着した後、能動的に活動するためにも、車内ではマスクを付けておく事がベストです。 これは高速バスに限らず、狭い空間に人が集まる場合、必ず考えたい配慮です。 また自分自身が風邪気味な場合、他のお客様の事を考えて、そうした気遣いを行ないましょう。 同様に高速バスの車内では、あまり匂いのある食べ物は慎むようにしましょう。こうした思いやりは、新幹線移動などで同様に考えたい事です。 また積極的に高速バスの旅を楽しむ場合、予約する座席の位置を工夫するようにしましょう。自ら指定して座席を選べる場合、窓際席であれば風景を楽しむ事ができますし、通路際席であればトイレを使用しやすいメリットがあります。