格安で車を借りよう

メーカー系からフランチャイズが主流になってきました。

最近、少子高齢化が進み、若者の車離れも一気に進んでいます。都市部の若者を中心に、車を所有せず必要な時だけレンタカーやカーシェアリングで済ませるという人が増えています。 この時代の流れに合わせるように、レンタカー店が増え続けています。その理由は、格安レンタカーのフランチャイズ拡大にあります。 従来は、メーカー系や独立系の大手はレンタカー専業の店のみにしかフランチャイズ契約していなかったので、なかなか新規参入は難しかったのです。 しかし、最近はやりの格安レンタカー店は、専業でなくてもフランチャイズ契約ができレンタカー事業を始められるのです。 実際に、フランチャイズ契約している大半がガソリンスタンドや、駐車場運営会社などの他の事業者なのです。

格安レンタカーの利用方法。

今、急速に拡大している格安レンタカーは、従来のレンタカーに比べ圧倒的に利用料が安く、ガソリンスタンドや大手の駐車場事業者などでレンタルできる為、店舗数も多く手軽に利用できます。 利用方法も今までとほぼ同じで、予約して、来店し車を借り、返却するだけです。 予約は、インターネットで24時間いつでも可能です。また、予約は各店舗に直接ではなく、フランチャイズの本部で一括受付しています。この時、ナビやチャイルドシートがオプションの場合があるので、チェックが必要です。 予約が完了したら、利用日に来店し予約している旨を伝え、保険等の手続きや車両でチェックをしたのちに、支払いを済ませ利用します。 返却時は、返却する店に来店後車両チェックをします。また、時間の延長などがあればこの時清算します。以上で全て完了です。